大腸内視鏡検査ってつらいんじゃないんですか?

大腸内視鏡検査ってつらいんじゃないですか?

 

 大腸内視鏡検査をうける患者さんが一番知りたいことではないでしょうか? 
この問いに対して私は「やはりご想像通り結構大変です」。とお答えしています。
幸い、最近は思ったより大変ではなかったという方もいらっしゃいますが。
 
 では何が大変なのでしょうか。なんといっても時間がかかります。検査自体は20分から40分くらいですが、検査のための準備に時間がかかります。大腸内視鏡はお尻からファイバーを挿入して大腸を診るのですが、もともと大腸にはたくさんの便があります。その便を全て洗いす必要があり、そのために腸管洗浄液という便を洗い流す水を飲んでもらうのですがその量が約1500ccで2時間位で飲んでいただくことになります。正直言ってあまりおいしいものではありません。検査を受けた方の多くが検査自体よりも腸管洗浄液を飲むのがつらかったとおっしゃられます。

 次に一番心配されている検査自体ですが、うわさ(陣痛より痛い、やめてくれと叫んでいるのが検査室の外まで聞こえたなど)よりは楽になっているかなと思います。

 検査時の苦痛は大腸内視鏡の挿入法と関係があり、上手く挿入できれば痛みは少なくできます。上手い挿入というのは内視鏡を挿入する時にいかに大腸の壁を内視鏡が押さないようにするかなんですが、これが結構難しいんです。グネグネまがったところをまっすぐなものが入って行くのですから当然無理な場合が多々あります。 正直なところの私自身のレベルですが以下のようなところです。

 大腸の壁を押さずに挿入できる、すなわちまったく痛くない方が2割位 - 神の手を持つといわれる先生方はこの挿入法で80%以上可能と言っておられます。残念ながら私は神の手を持っておりません
 大腸の壁に内視鏡が少し当たるが強い痛みが出る前に修整しながら挿入できる、すなわち少しお腹の張りが出る程度の方が5割位
 大腸の壁を内視鏡が当たりながら入っていくが比較的スムースに進んでいき、最終的に大腸の壁を押さないように修整して挿入できる、すなわち人によっては強く痛みを感じる方が2割位 - ただ前述の炭酸ガス送気装置を使うことでかなり楽になっています。
 残りの1割は下腹部の手術歴があったり、大腸の壁への刺激にすごく過敏な方です-私のレベルではテクニックを駆使しても痛みを感じることなく挿入できることはありません。その時は鎮痛剤を増やしたりして何とか挿入しています。
 

 それから検査中に麻酔はしていただけますかとよく聞かれるのですが、当院では少量の鎮痛剤、鎮静剤を使って意識下鎮静法という常に意識のある状態で検査を行っています。ですから検査中も会話ができますし、ご自身の腸の中を見ることもできます。検査中に意識があるというのが鎮痛剤・鎮静剤を使う上で一番安全なのです。

 最後にこれがもっとも大事なことです。
ではなぜ私はそんな苦労を強いてまで大腸内視鏡検査を勧めるのでしょうか?
それは大腸癌は確実に増えてきています。
しかし、大腸癌は早く見つかれば
治る癌です。大腸癌で死ぬのはもったいないと考えているからです。